ぼくはファッションにものすごく興味があります。自分なりのこだわりを持って、身につけるファッションを選んでいます。ただ、新しい物がでると、とたんに欲しくなるので、よく衝動買いをしてしまいます。流行りの服ははずせません。この間も、ウインドウショッピングをしていて、買うつもりはなく、なんとなくぶらぶらみていたら、最新ファッションをみつけてしまい、一目ぼれだったので、買いたくなりました。でもそのときお財布はスッカラカンで、とても買えません。思わずキャッシングでお金を得て、それを服に利用してしまいました。そういうようにキャッシングを利用する機会が何回かあり、今キャッシング借入総額は50万以上に増えてしまいました。
なので最近は、買い物を控えるようになりました。僕のタンスの中の服もだいぶいっぱいになってきて、収納がきつくなってきました。もう着なくなった服を処分するなどしたいです。じぶん銀行カードローンで借りたお金をまずは返済して、スッキリしてから、また購入したいです。

生まれて初めて合コンと言うものに参加することになりました。今までは女子とばかり遊んでいたので、異性との接触もあまりなくドキドキです。誘ってくれたのは同じ派遣社員の女性グループです。彼女たちは私と違ってとてもオシャレ。派遣社員と言っても、親元にいるので生活には困っていないし稼いだお金は全部ファッションや美容に使っているようです。
数合わせで呼ばれたのは分かっています。私は誰が見てもダサいし、着ている物だって通販のバーゲンで買うものばかりです。でも自分で言うのもなんですが、あのオシャレな彼女たちよりも素材としては上だと思っています。ダイエットなんて必要ないスリムなボディにはっきりした天然の二重、肌だってタバコを吸わないからキメが揃って白いです。
こんな私ですから流行の服を着れば一番目立つはず。そこで思い切って流行の服や靴、アクセサリーを揃えることにしました。ただ定期預金はあっても普通口座の残高が少なかったので、銀行でキャッシングすることにしました。以前銀行の担当者からキャッシングについて話を聞いていたので不安はありませんでした。返済のお金だってちゃんと定期からだせばいいのです。返せないようなキャッシングをするほど愚かではありません。
多めにキャッシングして気合を入れて買ったファッションで、堂々と合コンに出席した私です。男性たちより一緒に行った同僚の方がびっくりしていました。